入社したきっかけ・事務所を選んだ理由



私は職場を選ぶ際に、簿記や会計の知識を活かせる仕事と
人の役に立てる仕事の二つをポイントとして考えていました。
当事務所では、決算書や申告書の作成を行うだけではなく、
毎月監査にお伺いし、経営者の方と経営状況を踏まえた上で
助言や有用な情報の提供に務めています。
そういった専門知識を活かしてのサポートができる所に魅力を
感じ、当事務所を志望しました。




仕事をしていく中で、大切にしていることは?



私は、一歩先のことを考え行動することと報・連・相を行い、
上司との情報共有を徹底することを意識しています。
また事務所での仕事は期限が限られており、的確に
効率よく処理していく必要があります。
そのためにも一歩先のことを考え、何から先に処理して
いかなければいけないか優先順位を決めて、計画的に
行っていくことが、仕事をしていく中で大切だと感じております。



今新しくチャレンジしていること、今後チャレンジしてみたいことは?



今後、相続・贈与などの資産税関係について
取組んでいきたいと思っております。
特に、企業経営者の方の高齢化により、
事業承継が円滑に進まずに休廃業・倒産に追い込まれるなどの
問題が発生しているケースがあります。
そういった中で関与先様からの相談も増えてきておりますので、
タックス部門として、資産税関係の勉強をしていきながら、
情報提供等の取り組みを行っていきたいと思っております。



将来目指していることは?



私は、関与先様に対し、親身に寄り添い
相談・サポートができる税理士を目指しています。
AIなどの技術改新によってなくなる仕事として
簿記会計・監査や税務申告書代行が挙げられています。
そういわれる中で関与先様との信頼関係を築き、人間にしか
できない経営助言が今後は必要になってくると思います。
そのために専門的知識を深め、関与先様に
貢献していけるように努力していきたいと思います。